メディア

Requesting computing and networking resources through FELIX stack

FELIXのテストベッドによって提供されている、異なる種類のリソースに対するリクエストとプロビジョニングのプロセスを紹介する。

まず、データモデルとして使用するRSpecを解析します。リソースは予約・プロビジョニングされます。Flowspace要求は手動でドメインネットワーク管理者によって承認されます。その後、リソースを開始することができます:NSIリンクを開始され、ドメイン間の接続が設定さます。最後に、ドメイン間通信とドメイン内の通信がステッチングエンティティ(OpenFlow対応デバイス)によってい接続されます。

Requesting computing and networking resources through FELIX stack

High quality media streaming over long-distance network using FELIX experimental facility

FELIXプロジェクトを「High Quality Media Transmission over long-distance networks」のユーズケースとして実装したアプローチを本ビデオで紹介します。ヨーロッパと日本のインフラ上でオンデマンドで構築された仮想スライスは、テストベッドや長距離ネットワーク上で高品質なメディアストリーミング実験を可能にします。実験中にスマートSDNネットワークアプリケーションの挙動を調べました。アプリケーションは、ネットワークを再構成(モニタリングパラメータに基づいて)ことが可能です。試験中、実験者は、ネットワーク接続のさまざまなパフォーマンスメトリックをモニタリングすることがでます。例えば、帯域幅、往復時間、フレームの順序入れ替わりや過度の遅延などで失われたビデオフレーム数と正しくデコードされたビデオフレーム数などです。このようなパス上のトラフィック衝突によるストリームの劣化の観察が可能です。

High quality media streaming over long-distance network using FELIX experimental facility